12年前のリクくん。玉乗り自慢で芸達者!「ありがとう、家族になってくれて」三重県名張市

151

玉乗りなど数々のパフォーマンスでテレビや新聞に取り上げられてきたトイプードルの「リク」(雄)がこのほど、14才で死去した。飼い主で名張市丸之内の鮫島富久代さんは「ありがとう、家族になってくれて」と亡き愛犬をしのんでいる。

リクは2008年1月23日生まれ。犬のパフォーマンスコンテスト「芸-わん!グランプリ2013」でチャンピオンに輝き、17年に鮫島さんと挑戦した縄跳びでは122回跳び、驚くような記録や成果をたたえる市の「あれっこわい認定」に選ばれるなど、多彩な芸で数々のテレビ番組に出演、全国紙にも紹介された。

元々は長男の俊介さんが飼い始め、ここまで「芸達者」に育てたのが鮫島さんだった。賢く、何でもすぐマスターした。食べることが大好きで、餌のために頑張っていたと懐かしむ。「リクは何ができるかな」と考える毎日で、プロデュースするのは楽しい作業だったという。

異変は今年5月から。後ろ脚に震えが見られるようになり、夏になるとあれほど好きだった餌を完食しなくなった。9月には入退院を繰り返し、体重が激減、短い散歩もできなくなった。10月18日からは動かなくなり、翌日は、1日中リクに寄り添った。日付が変わった20日午前0時30分、静かに息を引き取った。子どもたちや孫も一目見ようと自宅に来たり、オンラインでつないだりと皆で別れを惜しんだという。

以来、「生活の一部がもぎ取られた感じ」と鮫島さん。パタッと音がすると一瞬「リク!?」と思ってしまい、その後、「もういないんだ」と現実が襲う。それだけリク中心の生活だった。ドッグトレーナーの資格も取得し、自宅にドッグランも開設するなど、リクは鮫島さんの生活も一変させた。

春と秋に無料開放してきたドッグランはリクがいない11月にも開放予定で、詳細はインスタグラムとフェイスブックの「にんじゃりわんわん」で発信するそうだ。

投稿日 2022年10月28日
投稿者 伊賀タウン情報YOU
カテゴリー
タグ

コメントを追加

メールアドレスは公開されません。

CAPTCHA